加圧シャツとトレーニングの効果

加圧シャツを着る効果・メリットとは?

まずは、加圧シャツを知るために「加圧シャツの一般的な効果」を理解しておいてください。

 

(1)着圧で、下腹部、腰肉を引き締める。
(2)背筋を伸ばして、姿勢を正す。

 

これらの2つは、どの商品でも加圧シャツの効果として紹介されています。

 

加圧シャツの説明では、どんな時に着ると良いのかも例があげられています。「商品がおすすめしている加圧シャツを着るタイミング」を知っておけば、どれくらいの運動量でOKなのかの目安になると思います。しっかりと、目を通しておいてください。

 

(1)通勤、通学時。
(2)仕事中。
(3)勉強中。
(4)家事をしている時。
(5)食事中。(食べすぎないように)

 

以上のような感じです。見ていだいたらわかる通り、1日の生活の中で利用するというイメージですよね。加圧シャツは、長い時間をかけて着用することで効果がある商品なんです。

トレーニング中に加圧シャツを着ることのメリットとは

トレーニング中に加圧シャツを着る利点は、負荷の軽いトレーニングでも、ハードなトレーニングをしたような効果を得ることができることです。

 

加圧シャツが提供しようとしているのは、普段の生活で運動量が少ない人にも、体を鍛えたような効果をもたらせることです。

 

口コミなどで、ジムでトレーニングをする時に着用して、痩せることができたというのを見かけますので、軽めのトレーニングメニューから加圧シャツの効果を試してみてはいかがでしょうか?

トレーニング中に加圧シャツを着る注意点

注意点もあります!

 

商品ごとに特徴が違うので、その商品が推奨していること、また注意事項に上げていることをチェックしましょう。
ここでは、ある商品の注意事項と商品の特性から考えられる注意点をまとめておきます。

 

よく見かける商品の注意事項は、次の通りです。

 

(1)加圧シャツの引き締めが強いと感じる場合は、着る時間と脱ぐ時間を繰り返してください。
(2)短い時間の着用から始めて、少しずつ着用時間を長くするようにしてください。
(3)病気をしている時や妊娠中など、通常の身体ではない時は加圧シャツを着用しない。

 

日頃から、ハードなメニューでトレーニングをしている人は、加圧シャツの着用の加減がわかると思います。今までにトレーニングをしてこなかった人の場合は、加圧シャツを着て、いきなりハードなトレーニングをするのはおすすめできません。軽いジョギングや散歩などから、加圧シャツを利用してください。