下腹 体幹トレーニング

体幹とは?

体幹は、一般的には手足を除く胴体の部分のことです。鍛えるということで考えると、身体の奥にあるインナーマッスル(深層筋)のことを指します。もう少し私たちの普段の動きに近づけて言うと、身体の軸がぐらつかないようにするための筋肉です。

 

体幹は、立つ、座る、歩くなどの動きの際に、常にぐらつかないように身体の動きを調整しているのです。体幹部分が身体の軸となって止まっているから、腕を振ることができるというわけです。逆に言うと、体幹が衰えると、ちょっとした動きも鈍くなり、基礎代謝が下がってしまうのです。

 

スポーツ選手が激しく体幹を鍛えるのは、手足を含めた全身を動かすパフォーマンスを上げようとしているのです。

体幹トレーニングとは?

体幹トレーニングは、インナーマッスル(深層筋)を中心に鍛えるということになります。トレーニングの種類、メニューはたくさんあります。どこを鍛えるかによっても、トレーニングの内容が違ってきます。

 

大きく分類すると、腹部を鍛えるトレーニング、背中の部分を鍛えるトレーニング、身体の側部を鍛えるトレーニングに分けることができます。それぞれ、そのままできるトレーニングもあれば、道具を使って鍛えるトレーニングもあります。

 

アスリートのように鍛えるのに向いているメニューもあれば、加齢による身体の弱化を防止するようなメニューもあります。下腹ぽっこりを解消するには、ダイエット向きのメニューを選んだほうがいいでしょう。

体幹トレーニングのメリット

専門家(トレーナー)に体幹トレーニングのメニューを作ってもらって、ケガを治したという例もあります。そのようなアスリート向けのメリットというよりは、ここでは私たちの生活での身近なメリットを紹介しておきます。

 

  • ぽっこりお腹を解消できる。
  • 疲れにくくなる。
  • 身体を支える力を鍛えられる
  • バランスが良くなるので、ケガをしにくくなる。
  • 肩こりや腰痛が改善される。
  • 心肺機能が向上するので、睡眠の質が良くなる。
  • あらゆる日常の動きが良くなる。
  • 基礎代謝が上がる。

 

以上のことを見てもらえば、体幹トレーニングで健康的なダイエットができるというのがわかりますよね。

体幹部分にある筋肉の名前

興味が出てきた人は、体幹トレーニングをする機会も増えると思いますので、体幹部分にある筋肉の名前を覚えておくとトレーニングをしやすくなります。腹横筋(ふくおうきん)、横隔膜(おうかくまく)、骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)、多裂筋(たれつきん)の4つは、こういうところを鍛えているんだというのを知っておいてください。

 

下腹ぽっこりを解消したい人は、特に腹横筋に興味を持ちましょう。