加圧シャツ女性向けランキング

加圧シャツ・加圧インナーによる「かぶれ」「かゆみ」などの現状

加圧シャツまたは加圧インナーは、商品の特徴である着圧機能を持たせるために、素材には化学繊維が使用されています。そのため、乾燥肌、アトピー肌、化繊アレルギーなどの人は、かゆみが出たり、かぶれたりすることがあります。

 

これは、商品によってはしっかりと注意事項に記載されていることでもあります。このページでは、それぞれに考えられることをまとめてみました。当事者が一番わかっている問題でもありますが、加圧シャツまたは加圧インナーの使用の注意として、どうぞ参考にしてください。

乾燥肌の人にとっての衣類

アトピーで悩んでいる場合は、ほとんどの人がファッションを楽しむことを諦めていることと思います。素材も限定されますし、洗濯の仕方や洗剤にも注意を払っていますよね。

 

加圧シャツ・加圧インナーは、素材が化学繊維であることも心配な点ですが、着替えを頻繁にするものではないことから、アトピーで悩んでいる人には不向きなインナーであると言えます。

化繊アレルギー

金属アレルギーと同じように、化繊アレルギーの場合は、その素材が肌に触れているだけで発疹が出るようです。例えば、生地は綿を使用していても、糸が化学繊維である場合でも、触れた部分に症状が出て悩まされる人がいらっしゃいます。

 

また、花粉症でも見られるように、昨年は何ともなかったのに、今年になって急に発症するようになることもあるそです。加圧シャツ・加圧インナーを試してみて、肌に異常が見られる場合は、使用は中止したほうが良いでしょう。

話題になったヒートテックのニュース

話題になったニュースとしては、ユニクロのヒートテックですね。かゆみや湿疹が出る人がいて、注意を呼びかけられていました。このケースからも考えられるように、問題なのは衣類の素材が肌に合わないことがあるということです。

注意点

肌に合わない素材の衣類は、着なければ大丈夫です!

 

加圧シャツの素材は化学繊維なので、肌に異常が起きることがあります。普段の生活で綿の衣類しか着用しないという人は、加圧シャツは購入しないほうが良いです。肌の悩みを抱えている人は、綿やシルクのインナーをお使いください。

もし、かぶれてしまったら?

もし、かぶれてしまったら?
使用した加圧シャツの素材をメモして、皮膚科へ行きましょう。そのものを見てもらうのが可能であれば、加圧シャツを医師に見せてみてください。